残雪の北穂高岳2018年4月28日~29日

今年のゴールデンウィーク1本目、北穂高に行ってきました

この写真は29日の午前中、涸沢から見上げた、北穂沢を登る登山者の行列です

この時期は小屋の除雪された雪が落ちてくることがあるので、インゼル(沢の真ん中の岩場)を左に巻いて松濤のコルを目指します

 

これも29日、下山中に撮ったもの

気温が高く雪がズブズブで登りは結構体力消耗しますが下りはスイスイ

下りでアイゼンを履いたままケツ滑りをする人がいますが、スピードに乗って爪をひっかけたりすると超危険です

 

涸沢から3時間ほどで北穂の山頂に

通常は営業開始が29日ですが今年は28日から

今シーズン一番乗り、しかも貸し切り!

この絶景も独り占めです

 

北穂からキレット、南岳と槍ヶ岳、何度見ても感動します

 

なんとも贅沢なひととき

 

 

涸沢に戻るとテント村が大賑わい

ヒュッテ、小屋よりもテントの方がかなり多かったようです

 

これはおまけ

涸沢から見上げた奥穂ですが、僕が気になるのは氷瀑です

なかなかいいコンディションの時に巡り合えません

 

というわけで北穂でした

今年は全体的に雪がかなり少なめですが、上のほうはそれなりにあるので残雪登山、まだまだ楽しめますよー

 

 

 

パタゴニア Photo: Barbara Rowell

 

パタゴニア

Post navigation