源次郎尾根

異例の早さの梅雨明け直後、剱岳源次郎尾根に行ってきました。

朝暗いうちに山小屋を出発、剱沢雪渓を下って尾根に取りつき、

いくつかの藪漕ぎと岩登りをこなして少しずつ登っていきます。

 

バリエーションルートでシーズン初めなので浮石も多いです。

慎重に歩を進めます。

 

1000メートル近い標高差をひたすら登ります。

この日は暑くて消耗しました。

 

だんだんと高度感が出てきます。

 

チングルマの花と、目指す剱の山頂。

 

長次郎雪渓と八つ峰上部。

まだまだ残雪豊富です。

 

途中、30メートルの懸垂下降。

普段の練習の甲斐あって、お二人ともスムーズにこなしてくださいました。

 

鞍部に残る残雪。

比較的安定していましたが、気温も上がってきているので、さっさと通過します。

 

ほっと一息。

山頂はもうすぐです。

 

見事登頂です。急にガスってきました。

しかし充実感でいっぱいです。

 

下りてきた雷鳥沢はこんな感じ。

いろんなルート取りが出来ます。

雪に慣れていれば下りはあっという間です。

 

みくりが池は流氷みたいになってます。

 

この時期の剱は残雪も多く、ちょっとレベルが上がりますが、

とても充実した山行になりました。

長時間の行動で久しぶりに筋肉痛…。

お疲れさまでした。

 

 

 

パタゴニア

Post navigation